投資日記

円急騰で波乱の年明け。円高局面で考えること。

今日の1分脳内
≪2019.1.3作成≫twitterけだま@kedamafire

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

2019年1月3日の為替市場では円が急騰し、一時1ドル104円台まで円高が進みました。

何が起こったか、なぜ起こったか、今後について簡単に整理していきます(^^♪

dollar yen_chart_20190103
≪出所:日経予測|ドル円チャート≫

理由を一言でいうと、リスク回避の円買いがおこったためという理解が多勢のようです。

リスク回避の円買い。その ” リスク ” とは何か

ではそのリスクとは何を指すのかというと、

  1. 中国景気後退(12月PMIのコンセンサス下回り)
  2. 米中貿易摩擦の行方
  3. 年末からの米政府機関の停止
  4. 米国景気後退入りへの懸念
といった顕在化していた要因を指し、それが元々円高圧力を形成していた

そこへ、アップル社の業績下方修正ニュースが飛び込み引き金になったと。

なぜフラッシュクラッシュが起こったのか




では、なぜ、そのリスク回避の円買いが、フラッシュクラッシュ(瞬時の急落)を形成したかというと、

  1. NY市場の円高の流れを受け、AIアルゴリズムが円買い発動
  2. 年始で取引参加者が少なかったアジア市場直撃
  3. 円売りで応じる取引参加者不在一方的な円高進行
  4. その上に個人投資家のロスカットも円高方向に押し込んだ
という見方が概ね納得しやすいストーリー。

まとめると?そしてこの先について

今日起こったことをどのように理解してこの先を考えるかまとめると、

円の ” 急騰 ” 

これは、フラッシュクラッシュ(瞬時の急落)という言葉の通り、テクニカル要因で発生している。

つまり、また同じ条件が揃わないと再現の可能性は低いだろう

しかし、” 円高 ” 自体については、元々円高圧力があったことに因るため、円安方向への戻りは弱いだろう

ということですね。

★★★

2019年は円高のうえ、景気後退による株安で、見方によっては有望株の買い場になることも予測されます。

けだまは円高局面でキャッシュをドル転して米国株購入タイミングを探るつもりです(^^♪

楽天証券
|米ドル資金のご用意方法



楽天証券

その他関連記事

▼フラッシュクラッシュの回避は不可能。だからこそ意識しておくべきこと。


▼投資・経済関連コラム的記事

記事リンク今日の1分脳内

▼資産運用関連のNews|Topic記事

記事リンクNews|Topic一覧

▼資産運用実績

記事リンク運用実績

▼資産運用スタートマニュアル

記事リンク:スタートマニュアル

★★★

それではまた~

Twitter➡けだま@kedamafire

応援のクリックをお願いします♪

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

楽天証券

マネックス証券 株主優待

PVアクセスランキング にほんブログ村

【大手ネット証券3社比較】
初心者におすすめの証券口座
使いやすさNo.1楽天証券
楽天証券
ユーザー視点のデザインだから初心者に最もやさしく使いやすいのが楽天証券。投資から遠ざかったぼくがセカンドトライで利用した証券会社がここでした。楽天経済圏利用者にも最適な証券会社です。
使いやすさ
コスト
情報量

米国株の買い方楽天証券HP

ドル転コスト№1SBI証券
SBI証券
SBI銀行をセットで活用することで、米国株購入時に必要なドルへの両替コストが業界最安値に。画面デザインがわかりにくく、操作性が中級者レベルなのが難点も、ETF自動積立機能等サービスは豊富
使いやすさ
コスト
情報量

米国株投資実績紹介SBI証券HP

米国株の情報量が豊富!マネックス証券
マネックス証券
口座開設者のみ使用できる銘柄スカウターという米国株情報ツールはじめ、無料で活用できる情報が多く外せない証券会社。売買取引ツール「トレーディングステーション」が使いにくいことだけが難点。
使いやすさ
コスト
情報の豊富さ

関連記事へ公式HPへ

ぼく自身は上記3社ともで口座を開設し、

メイン利用は楽天証券

ETF積立はSBI証券

情報収集はマネックス証券

と使い分けしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA