投資日記

【投資本書評】『金持ち父さん、貧乏父さん』から吸収すべきたった一つのこと

↓人気ブログランキング参加中!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

こんにちは、けだま(@kedamafire)です。

 

資産運用実績公開記事はこちら

 

投資、資産運用ジャンルのベストセラー本と言えば、

 

金持ち父さん、貧乏父さん

一度はこの本のタイトルを耳にしたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

 

本に限らずCDや映画なども同じですが、10年単位で売れる・引用されるものというのは、やっぱり何らかの価値あるエッセンスが含まれていますね。

 

金持ち父さん、貧乏父さんもまさにその部類。

 

投資や資産運用について非常に重要なことが学べるし、読んだ人の考え方、つまり価値観を転換させる力を持っていると思います。

 

特に会社員の方に特におすすめしたいです。

 

『労働収入(=給与)』と『資産が生む収入(=配当収入等)』の違いついてわかりやすく説明されており、自分の会社員としての在り方、考え方をいい意味で揺さぶってくれるでしょう。

 

ネコA
ネコA
会社員は辞める必要ない!
でも、この考え方はインストールしておくべき

★★★

 

ところがですね、その本が結構ボリューミーなんだな。。

 

ハードカバーサイズで、約280頁。

 

図解も多いですが、ざっくり文字量を計算すると、

1行 = 50文字 × 19行 = 950文字(1頁)

文字頁 = 280頁 × 80% = 224頁 × 950文字 = 212,800文字

 

物語仕立てで非常に読みやすくできているので、ぜひ一読をおすすめしますが、忙しい会社員にとってはそうもいかないこともありますよね。

 

そこでこの記事では、極論、この本からはこれだけ持ち帰ればOKというものを紹介します。

 

それはこちら。

 

とっても重要で基本的な考え方を示す図です。

 

このブログ読者の方は、資産運用に興味がある方が多いと思います。

 

そして特に20代、30代の方は、上段の状態であるケースが多いでしょう。

少しづつでも、下段右の『2』の流れを多くしていき『3』~『4』という流れを強化していくべきです。

 

今の時代、10年後、どんな大企業であっても会社が残っているかなんてわかりません。

 

仮にあったとしても、給与がどれだけ増えているかなんて保証もありません。

 

労働収入に依存せず、資産による収入を増やせるようこの図をインプットして運用に勤しみましょう。

 

▼米国株,ETF中心の運用実績公開記事はこちら

2020年5月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開↓人気ブログランキングはこちら↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow ...

▼ぼく自身が資産運用で利用している証券会社はこちら

米国株式の買い方・投資方法|楽天証券でかんたん。 こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow @kedamafire 米国株って...

 

けだま
けだま
考え方が変わると、
行動が変わる。
行動が変わると、
人生が変わるかもね

それではまた~

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
「けだま 投資」で検索♬

更新情報はツイッターで!

 

応援のクリックをお願いします!!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA