運用実績

【米国株】配当金の記録と今後の配当金受取額シミュレーション

≪2019.8.31作成≫
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

こんにちは、けだま(@kedamafire)です。

 

約1,300万円を資産運用中で、そのうち約800万円を米国株,ETFに投資しています。

 

けだま
けだま
高配当株中心に投資してます!

 

2019年9月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開 ≪2019.9.16更新≫ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 現在約1,300...

 

投資における目標管理指標は受け取り配当額の増加率としています。

 

 

現在の目標地点は、毎月15万円、年間180万円程度の配当キャッシュフローを構築することです。

 

ネコA
ネコA
毎月の生活コストを上回るので、経済的自立(Financial Independence)が達成されるということ

 

この記事では、2019年8月に受領した配当金と今後の配当金受取額シミュレーションを整理していきます。

 

米国株、高配当株、配当金を目的とした投資を検討している方の参考になればうれしいです。

 

けだま
けだま
特に目次3の章をぜひお読みくださいね!

 

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
『けだま 投資』で検索♬

更新情報はtwitterで!

 

 

はじめに;米国高配当株,ETF投資への投資状況

 

はじめにぼくの投資資産全体を簡単に紹介しておきます。

 

投資金額全体は約1,300万円です。

≪2019年7月末時点≫

 

この円グラフは投資資産のみです。

 

ネコB
ネコB
ほぼリスク資産に資金を全振り状態

 

けだま
けだま
長期的なスパンで投資を考えていること、当面仕事を退職するつもりはないことから、個別株中心に運用しています♬

 

なお、事故や病気など急場必要な資金や生活費として現金約300万円を上記とは分けて管理しています。

 

ネコC
ネコC
分けて管理しておかないと高配当株へ即刻投資してしまうからね。。

 

なお、2018年度の運用成績推移はこちら。

 

≪2018年度資産推移≫

 

  • 2018年4月9,300,000円
  • 2019年3月12,516,149円

 

ネコB
ネコB
+30%の資産増加でした

 

米国株の中心は高配当株で構成

≪2019.8.24時点ポートフォリオ≫

 

 

約800万円の米国株,ETFは上記のように10銘柄+4銘柄で保有しています。

 

高配当株を中心に楽天証券で保有していて、ポートフォリオ全体の配当利回りは4.18%です。

 

ネコC
ネコC
詳しくはこちら

 

上記以外につみたてNISA、iDeCo、日本の人気高配当株JTを保有しています。

 

また、ワンタップバイでも米国株を一部保有しています。

 

【つみたてNISAとは】初心者でもわかるように解説。始め方と楽天証券での人気おすすめ商品 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 これから投資をはじめる初心者の方には、『つみたてNI...

 

【ideco(イデコ)】65歳まで加入可能へ。厚労省が見直し。加入メリットを整理。 2019年4月15日の日本経済新聞で、厚生労働省が確定拠出年金の制度を大幅に見直す見込みだとの記事が掲載されまし...

 

それでは、2019年8月に受領した配当金と今後の配当金受取額シミュレーションを整理していきます。

 

米国株;配当金の記録

保有株の1株当たり配当と配当月

 

 

2019年8月の配当受取銘柄はこちら。

 

ネコA
ネコA
AAPL、PG、ABBV、VZ、Tの5銘柄

 

銘柄保有株配当/株税引前配当税引後配当
AAPL100.77$7.7$6.93$
PG250.75$18.65$13.39$
ABBV1001.07$90.95$65.25$
VZ850.6$39.16$28.1$
T2100.51$107.1$76.83$
合計263.56$190.5$

 

日本円にして約2万円程度です。

 

ネコC
ネコC
まだまだ少ないねー

 

月15万円程度の配当受領をゴールとすると、遂行率は13%程であと7倍程度積み重ねないとダメですね。

 

ちなみに、2019年9月は約5万円程の配当金受取見込みです。

 

ひと際高配当のRDS.Bと日本株JTの配当金受取が含まれるためです。

 

また、上記表では10月の配当受取見込み銘柄が少ないのですが、現在以下の調査銘柄の中から新規追加銘柄を検討中です。

 

 

 

さて、続いては、最も重要な今後の配当金受取額のシミュレーションです。

 

米国株;高配当株投資による今後の配当金受取額シミュレーション

 

測定できないものは管理できない。

 

これは、経営学者のピーター・ドラッカーが言った(とか言ってないとか)といわれる言葉です。

 

正しい現状理解がないとそれをコントロールすることは不可能であり、正しい現状理解とは数値で測定できるものでなければならない。ということですが、これは目標管理にも当然ながら言えますよね。

 

なんとなく「セミリタイアしたいなぁ」と考えてても実現することは不可能。

 

数値で具体的にありたい姿を落とし込み、そこと現在地とのギャップから「今何をすべきか」を考えなければ辿り着くことはきっと難しい。

 

ネコA
ネコA
ん、、急にどうした??

 

なんでこんなにお堅い言い方をしているかというと、コレ…

 

配当受取金額シミュレーション

≪配当受取金額シミュレーション≫

 

シミュレーションの前提条件
  • 現在の運用資金800万円
  • 配当利回りは年利4.5%で配当再投資
  • 毎年追加資金として200万円(月16万円)投入

 

表では9年後に運用資金3,000万円に到達し、その場合の受取配当金は約10万円です。

 

ネコA
ネコA
ここまでくると景色は大分変るよね

 

目標の税引き後、受取配当金が月15万円を超えるのは、15年後です。

 

ネコC
ネコC
ここまでくるとほぼ経済的に自立している状態♬

 

わかりますよね。。

 

先、、長っ!!

 

っていうことです。

 

ネコC
ネコC
これが現実よね…

 

とはいえ、急いで一瞬でお金持ちになろうとしたって、そんな都合の良い投資法は高確率で詐欺なので、やはり長期的なスパンで投資と向き合っていくしかないわけです。

 

先が長いという現実を受け入れて、

 

  1. 入金力を上げて資金増加ブーストを高めるか
  2. ポートフォリオの配当利回りを上げるか
  3. 月15万円という目安の生活コストを下げるか

 

という手を打てば、年単位で目標達成を早く手繰り寄せることも可能でしょう。

 

けだま
けだま
遅くとも40代半ばには経済的自立の目処をたてます

 

配当金はその時点で税金が徴収されて手元に残る金額が少なくなるため、資産を増やす方法としては非効率だと否定的な意見もありますが、個人的には配当を成果指標とした投資管理はとても気に入っています。

 

目的は配当金による経済的自立(労働収入に依存しない状態)なわけですが、それには配当利回り4.5%の場合、約5,000万円の資産が必要になります。

 

総額5,000万円をゴールとした場合、上記のシミュレーション表だと15年後です。

 

しかし、配当金を見てみると、年々増加しているのがわかりますよね。

 

このように成果が毎年グラデーションで実感できることが配当金を指標にした投資の良いところです。

 

ネコA
ネコA
投資を継続するモチベーションにもなるよね

 

個別株投資の場合は、配当金の減配、無配転落、企業倒産リスクがありますが、多種多様且つ低コストのETFを選択することによって、そのリスクを抑えることも可能ですね。

 

【米国高配当ETF】SPYD、VYM、HDV|人気ETFを比較してみた。 こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 今回は、米国高配当ETFの比較を記事にしました...

 

何よりも個人投資家の最も大事な武器は『時間』ですので、相場から途中下車することなく投資を続けていきましょう。

 

はじめての場合は、つみたてNISAから始めるのが一番。

【つみたてNISAとは】初心者でもわかるように解説。始め方と楽天証券での人気おすすめ商品 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 これから投資をはじめる初心者の方には、『つみたてNI...

 

資産運用に関する無料ツールで情報収集から始めるのもよいですね。

【資産運用初心者】無料で使える投資に役立つツール10選!! こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 資産運用初心者の方向けに、今後の投資生活におい...

 

けだま
けだま
情報発信はtwitterメインで活用しているため、ぜひフォローしてみてください!

 

それではまた~

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
『投資 けだま』で検索♬

更新情報はツイッターで!

 

応援のクリックをお願いします♬

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA