投資日記

米国株|2019年1月、2月米国企業決算。業績格差に警戒感

今日の1分脳内
≪2019.1.12作成≫twitterけだま@kedamafire

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

2019年の幕開けはアップルショックからの急激な円高でFX投資家の大量ロスカットというパンチの効いたスタートとなりましたね(^-^;

▼東洋経済|フラッシュクラッシュ

ダウ平均株価をここ1か月間で振り返ると、いかに波乱の年末年始であったかがあらためて感じられます。

dji_chart_201901_2

しかし、ここ5日間は買戻しで2%以上上昇

dji_chart_201901_1

そうはいっても、ゆるりと右肩上がりのVIX指数(恐怖指数)は不気味だし、

vix_chart_201901

景気の季節は ” 冬 ” 入り間近といった認識が大方の予想です。

▼Bloomberg|景気後退リスクは6年振り高水準

個人的に特に気になるのが、2019年1月中旬以降本格化する米国企業の決算発表

2019年年明け早々に、Appleが業績下方修正を行ったことによる「アップルショック」が市場を動揺させたばかりですが、今回の決算では企業毎の業績の明暗つまり競争力の差が際立つ決算ウィークとなりそうです。

例えば、ハイテク株のなかでは1月17日に決算発表予定のネットフリックス

昨年12月に配信を始めたホラー映画『バードボックス』は、配信初週に4,500万人強がダウンロード。これが劇場映画なら、500億円規模の売上高を1週間で上げられる計算になるとのこと。

株価も12月27日付近の安値から1月11日のまでの上昇率は44%を超えています。

また、年末商戦が好調だったアマゾンも広告事業でアルファベット(グーグル)からシェアを奪っているとの見方もでており、株価も12月27日付近の安値から22%近く戻しています

一方でアルファベットは約8%、アップルは4%にとどまっています。

年末年始の株価低迷は「株の買い場だ!」との声もありますが、このように企業間で業績の明暗がくっきりと分かれる可能性が懸念される場合、決算発表での業績や今後の見通しを見極めてからの投資でも遅くはないでしょう

ましてや景気後退局面の最中、焦って買い拾いに走ることは避けるべきですね。

ということで、主要な企業の決算日程をおさえておきましょう。



けだま自身の保有株中心ですが注目企業の決算発表日をピックアップしました(^^♪

★:楽天証券
での保有

● :OneTapBuy(ワンタップバイ)での保有

dollar stock settlement of accounts schedule
≪出所:マネックス証券
HPから日付まとめ≫

業績が市場予想に対して悪く今後の見通しも下方修正されるようであれば、一層の株価低迷、景気後退入りへの警戒感が強まることが懸念されます。

そうはいっても、積立投資を行っている場合財務基盤やビジネスモデルが確かな高配当株へ投資を行っている場合は、気にすることなく淡々と落ち着いてBuy&Holdからの景気の季節の ” 春 ” を気長に待てば良いでしょう。

▼米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開


▼米国株高配当投資入門!


※クリックするとAmazonへ

▼米国株投資なら楽天証券
楽天証券

★★★

▼投資・経済関連コラム

記事リンク今日の1分脳内

▼資産運用関連のNews|Topic記事

記事リンクNews|Topic一覧

▼資産運用実績

記事リンク運用実績

▼資産運用スタートマニュアル

記事リンク:スタートマニュアル

★★★

それではまた~

Twitterけだま@kedamafire

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

楽天証券
マネックス証券 株主優待

PVアクセスランキング にほんブログ村

【大手ネット証券3社比較】
初心者におすすめの証券口座
使いやすさNo.1楽天証券
楽天証券
ユーザー視点のデザインだから初心者に最もやさしく使いやすいのが楽天証券。投資から遠ざかったぼくがセカンドトライで利用した証券会社がここでした。楽天経済圏利用者にも最適な証券会社です。
使いやすさ
コスト
情報量

米国株の買い方楽天証券HP

ドル転コスト№1SBI証券
SBI証券
SBI銀行をセットで活用することで、米国株購入時に必要なドルへの両替コストが業界最安値に。画面デザインがわかりにくく、操作性が中級者レベルなのが難点も、ETF自動積立機能等サービスは豊富
使いやすさ
コスト
情報量

米国株投資実績紹介SBI証券HP

米国株の情報量が豊富!マネックス証券
マネックス証券
口座開設者のみ使用できる銘柄スカウターという米国株情報ツールはじめ、無料で活用できる情報が多く外せない証券会社。売買取引ツール「トレーディングステーション」が使いにくいことだけが難点。
使いやすさ
コスト
情報の豊富さ

関連記事へ公式HPへ

ぼく自身は上記3社ともで口座を開設し、

メイン利用は楽天証券

ETF積立はSBI証券

情報収集はマネックス証券

と使い分けしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA