【ポケット辞書】単利と複利

 

単利と複利

単利とは、“元本”だけに利子がつくこと

複利とは、“元本+利子”に利子がつくこと

 

単利と複利とは、金利の付き方を表す言葉です。

 

単利とは”元本”だけに利子がつくことを指すため、100万円を年利1%の商品で単利運用した場合、利息は毎年1万円で一定となります。

 

複利とは”元本+利子”だけに利子がつくことを指すため、100万円を年利1%の商品で複利運用した場合、利息は毎年増加していくことになります。

 

投資,資産運用においては複利で運用することが合理的とされており、かの有名なアインシュタインは、複利を『人類最大の発明』『宇宙で最も偉大な力』と表現しました。

 

単利と複利の違いを図解した説明はこちら

単利と複利の違いをグラフでわかりやすく解説 "金利"には2種類あるのをご存知ですか? "単利"と"複利"の2種類。 これ、どちら...

 

ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?