運用実績

【資産運用実績公開】コロナ以前の水準まで回復。2020年6月初め時点の資産運用状況まとめ。

↓人気ブログランキングへ↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

こんにちは、けだま(@kedamafire)です。

 

けだま
けだま
米国の大型増配株を中心に、配当金による経済的自立(FI)を目指してコツコツ投資をしています。

 

米国株,ETF投資状況紹介記事はこちら

 

ブログは趣味の一つです。なので、資産運用額をオープンにする必要はありません。

 

が、

 

資産運用関連の情報を発信する以上、自分の資産状況は読んでくれる方にとって必要な情報なのではないか?と考えて、毎月資産運用状況を公開しています。

 

どんな発信にせよ、その発信自体の内容とともに、それを言っているのは誰かということはとても重要なポイントですよね。

 

自分と異なる価値観・投資スタイルや、あまりにも資産額がかけ離れすぎている人が発する情報を眺めていても、あまり参考にならないケースが多いように思います。

 

情報自体に価値はなく、常に情報は”自分にとって価値があるかどうか”でしかないためです。

ネコC
ネコC
例えば、資産額1億円の人が損切りする100万円の価値と、資産額1,000万円の人が損切りする100万円の価値は全然違う場合があるよね

 

ということで、今月も資産運用状況を公開していきます。

ところで、身バレしたらおわりね
けだま
けだま
うん。身近な人に一気に資産シースルー状態になってしまいます。。

 

この記事を読み進めていただくと、例えばこれから投資をはじめようかと検討している方にの場合、ぼくのような株式比率の高い投資スタイルをとると、毎月どの程度の資産変動率の中で生活することになるかということをリアルな数値でもって体感いただけるんじゃないかと思います。

 

リスク、リターン、シャープレシオ、ベータなど、机上で確認できる数値はありますが、生身の継続的な実績の観察から具体的に得られる実感も大事ですよね。

ネコA
ネコA
分析ではなく足跡からでしか感じ取れないことって結構多いはず

 

特に、過去の経験則が成立しえないと思えるような昨今の相場状況においてはなおさらです。シミュレーションだけで思考停止すると、状況に即応できないし恐怖にも打ち勝てない(狼狽売り)でしょう。

 

ということでこの記事では、現時点の資産運用状況とともに、月日とともに『どのように変動しているか』という変化の記録も公開していきます。

 

例えば自らのリスク許容度を推し量る場合の参考などとして検討材料になればうれしいです。

ネコA
ネコA
ある時点の資産の状態の公表にあまり意味はないよね
けだま
けだま
はい。前月からの変動率、年度通じた資産推移が参考になるかと思います

 

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
「けだま 投資」で検索♬

更新情報はツイッターで!

 

 

【資産運用実績公開】2020年6月初め時点の資産状況は?

 

保有資産はほぼ株式に振り向けたリスク選好型の資産比率です。

2020年6月初め時点の資産総額
資産総額円グラフ

 

これは投資用のお財布で全額余裕資金です。別管理で約300万円分の現金を銀行口座に眠らせています。

けだま
けだま
ここには絶対に手をつけません!

 

事故や不況で万が一定期的な収入が断たれた場合、保有資産を売却して生活費を工面することが強烈なストレスで、絶対に避けたいからです。

 

300万円あれば、その後の航路を修正するために必要な資金、あるいは期間をカバーできるだろうとの考えです。

 

ということで、逆に現在のリスク資産はゼロ円になっても生活には影響しないし、現実的には50%程度の下落は起こりうるものといった心持ちでいます。

 

現在の株式相場は、歴史的にも類を見ない程の金融政策&財政政策によるドーピングに支えられたバブル相場だ。との見方もある気持ちの悪い底堅さの相場です。

 

キャッシュ保有量は率ではなく、額で管理したいところですね。

ネコC
ネコC
勤め先の状況だっていつどうなるかわからないし
けだま
けだま
保有する米国大型株銘柄達を眺めると、倒産リスク高いのは結局、勤め先かもしれないな。。と考えたりするよね

 

ちなみに現時点の米国個別株保有一覧はこちら。

 

【米国株】保有銘柄割合グラフ
保有米国個別株グラフ
ネコB
ネコB
セクター別の比率はこちら

 

【米国株】セクター別保有比率
米国株セクター別保有割合

 

上記以外につみたてNISA、iDeCoを利用限度枠一杯まで活用して、インデックス投信を月次で積立、また、数種類のETFを保有しています。

 

【投信,ETF】商品別保有比率
投信・ETF商品別保有割合

 

▼詳細はこちらの記事をどうぞ

2020年11月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開↓人気ブログランキングはこちら↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow ...

 

 

【資産公開】資産構成の月次変化

項目2020.5初2020.6初増減率
A_現金,MMF957,936円980,225円+2%
B_積立NISA,iDeCo944,106円1,043,472円+11%
C_ETF,他3,065,346円3,365,753円+10%
D_米国個別株10,186,957円10,960,724円+8%
合計15,154,345円16,350,174円+7.9%
ネコB
ネコB
トータルで評価額1,195,829円上昇しました

 

過度な楽観や悲観をせず、淡々と自分のリスク許容度の範囲内で投資を継続していきます。

 

ちなみに、ネットで見かける『リーマンショック時は株価が半値近くまで下がった』を当てはめて考えると、B,C,Dの下落を中心に約700万円程資産が目減りすることになります。

ネコC
ネコC
つまり資産総額が900万円近くまで下落する可能性あるってことね

 

そう。

 

それを想像したうえで、現在の投資量が自分にとって最適か、リスクを取りすぎてないかを常に考えることはとっても大事ですね。

ネコC
ネコC
自分でコントロールできるリスク管理は結局、投資資金量と投資先の分散でしかないからね

 

なお、上記Aは毎月の給料等から余裕資金とは切り離してリスク資産のお財布に入れた現金というだけの意味合いで、配当金や売却損益といった投資で得た確定利益は含んでいません。

 

毎月給料からリスク資産へ移し、即座に買い付けを行うため、基本的に毎月ほぼ増減なしの項目です。

 

【資産公開】資産構成の年次変化

資産推移
  • 2018.6初10,291,028円
  • 2019.6初12,653,990円
  • 2020.6初16,350,174円
ネコA
ネコA
こうやって引きで見ると単月の微々たる資産増減は気にならない!

 

毎日、毎月の資産増減を気にすることにはマイナスはあってもプラスはありません。

 

せめて年単位の長期的な視点を持って腰の軽い売買をしないよう注意したいですね。

 

なお、ぼく自身、投資における成果指標は配当金受取額の増加に置いています。

けだま
けだま
現在の年間配当金受取期待値は約53万円

 

もちろん、株価の上昇によるトータルリターンも重要ですが、好業績に伴い増配する優良株を保有していれば、必然的に資産評価額も増加していくだろうと考えています。

 

株価が低迷しようとも、その個別株自体の長期的ネガティブ要因でない限り、淡々と株数を積み上げて受取配当金の増加をブーストさせたいところです。

 

2020年の資産運用に関する目標 あけましておめでとうございます。けだま(@kedamafire)です。 Follow @k...

 

【資産公開】資産総額の2020年度推移

資産推移2020
ネコB
ネコB
資産推移は年度で記録しています

 

2019年度分の推移はこちら。

2019年度資産推移2019年度資産推移

 

2017年、2018年と比べると資産の伸びは鈍化していますが、通期では右肩上がりに増加しています。

 

年月資産状況増減率
2019年4月12,811,043円+2.3%
2019年5月12,653,990円▲1.2%
2019年6月12,928,630円+2.1%
2019年7月13,416,312円+3.7%
2019年8月13,303,186円▲0.8%
2019年9月13,453,078円+1.1%
2019年10月14,253,199円+5.9%
2019年11月14,824,735円+4.0%
2019年12月16,449,365円+10.9%
2020年1月16,147,276円▲1.8%
2020年2月14,984,464円▲7.2%
2020年3月14,201,246円▲5.2%
2020年4月15,154,345円+6.7%
2020年5月16,350,174円+7.9%
ネコC
ネコC
2019年4月1日から2020年4月末までの資産増加率は+27.6%
けだま
けだま
年初来高値の水準となりましたね。逆にコワいです。。

 

資産増減管理についてはこのように引きで資産状況の変化を押さえながら、投資の成果指標としては配当金の増加を中心において投資を継続していきます。

 

『株式投資中心の投資だと資産が月次でどの程度上下に動くのか』というリアルな変動幅が参考になるように、今後も月次の資産状況については記事にしていきたいと思います。

天使の声
天使の声
投資を実際にやってみることで価格の変動には徐々に慣れていくはず

 

さいごに;【資産公開】2020年6月初めまでの資産運用結果の記録

 

先の見通せない相場環境が当分続きそうですが、現時点で資産総額は着実に伸びています。

 

そして、受取配当金の伸びも実感できるようになってきました。

 

年間の受取期待値は53万円。たかが53万円、されど53万円。

 

配当金は資産形成において非合理的とも言われることはありますが、株価が伸び悩む相場地合いにおいて、一定の存在感を示してくれそうです。

 

現時点での一旦の目標は以下の金額です。

 

 

けだま
けだま
これに向けた『入金力向上』『支出の工夫』『資産運用』を発信していきますので、まずはぜひtwitterをフォローください!

 

▼最近1ヵ月で最も読まれた記事

第一位
2020年11月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開↓人気ブログランキングはこちら↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow ...
第二位
【SPYD】株価が不調なのはなぜ?銘柄入れ替えルールから冴えない理由を考える。↓人気ブログランキングへ↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow @ke...
第三位
ETF_GAFAM
【GAFAM】人気の大型ハイテク銘柄を含むETFを一覧化してみた。↓人気ブログランキングへ↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow @kedama...
第四位
【便利!】Googleスプレッドシートを活用した保有株の管理方法。↓人気ブログランキングはこちら↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow ...
第五位
【米国株・中国株】無料の情報収集ツール登場!マネックス証券『銘柄スカウター』↓人気ブログランキング参加中↓ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow @keda...

 

けだま
けだま
ブログ更新情報はtwitterで発信してます!

それではまた~

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
「けだま 投資」で検索♬

更新情報はツイッターで!

 

応援のクリックをお願いします♬

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ PVアクセスランキング にほんブログ村
【大手ネット証券3社比較】
初心者におすすめの証券口座
使いやすさNo.1楽天証券
楽天証券
ユーザー視点のデザインだから初心者に最もやさしく使いやすいのが楽天証券。投資から遠ざかったぼくがセカンドトライで利用した証券会社がここでした。楽天経済圏利用者にも最適な証券会社です。
使いやすさ
コスト
情報量

米国株の買い方楽天証券HP

ドル転コスト№1SBI証券
SBI証券
SBI銀行をセットで活用することで、米国株購入時に必要なドルへの両替コストが業界最安値に。画面デザインがわかりにくく、操作性が中級者レベルなのが難点も、ETF自動積立機能等サービスは豊富
使いやすさ
コスト
情報量

米国株投資実績紹介SBI証券HP

米国株の情報量が豊富!マネックス証券
マネックス証券
口座開設者のみ使用できる銘柄スカウターという米国株情報ツールはじめ、無料で活用できる情報が多く外せない証券会社。売買取引ツール「トレーディングステーション」が使いにくいことだけが難点。
使いやすさ
コスト
情報の豊富さ

関連記事へ公式HPへ

ぼく自身は上記3社ともで口座を開設し、

メイン利用は楽天証券

ETF積立はSBI証券

情報収集はマネックス証券

と使い分けしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA