投資日記

景気後退局面に向けた心の準備を。過去を振り返り対策を考える

≪2019.6.19作成≫
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

喉元のどもと過ぎれば熱さを忘れる』

 

ぼくは基本的に楽観的な性格なので、日常生活においては喉元のどもと過ぎれば熱さを忘れます。

 

その熱さから何かしらの教訓を抽出できたのであれば、スパッと忘れちゃう方が幸せな区切りであることは間違いないですよね。

 

ネコC
ネコC
そりゃそうね

 

しかし、こと投資に関しては、何かしらの教訓を抽出できたとしても『喉元のどもと過ぎても熱さを忘れちゃいけない』と考えています。

 

教訓=頭で理解したことよりも、熱さ=経験から得た肌感の方が、いざという時身を助けると考えているためです。

 

ネコC
ネコC
今日のテーマは?

 

『景気後退による相場下落を恐れるなかれ。下落局面では株は買い増せばいい』っていう声があるけど…

 

けだま
けだま
これって実行可能なのだろうか

 

景気後退局面に立つ今、相場下落時の対処方法として、上記のような強気な見方をよく目にします。

 

これは理屈としては正しいですよね。

 

長期的に世界市場全体の価値が上昇していくとのスタンスに立てば、相場下落局面は買い場であり、『安く買って、高く売る』ことが最もシンプルな利益獲得行動です。

 

しかし、これは実行可能なのでしょうか。

 

ぼく自身が直近で体験した『喉元のどもと過ぎても熱さを忘れていない』体験をもとにして、振り返ってみたいと思います。

 

▼米国高配当株への投資実績記事

2019年9月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開 ≪2019.9.21更新≫ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 現在約1,300...

 

▼月次資産運用実績まとめ記事

【資産運用2019】月次まとめをブログで公開。2019年5月 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 今日は2019年5月の資産状況を振り返ります。 ...

 

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
『けだま 投資』で検索♬

更新情報はtwitterで!

 

 

直近の相場下落局面

 

直近の相場下落局面といえば、2018年10月から2018年末にかけての大きな相場調整局面です。

 

≪出所:trading view≫

 

2018年10月最高値27,200ドル

2018年12月最安値21,210ドル

 

ネコC
ネコC
実に22%もの下落となりました

 

もし100万円を株式相場に投資していたら、評価額が78万円まで落ち込んだ計算となります。

 

これだけみると一見、「それくらい耐えられる!」って思うのですが、まさに現在進行形の相場下落局面にいると、なかなか笑えません。

 

上記チャートを眺めると、

  1. 27,200ドルから24,400ドルまで約10%下げる
  2. 26,100ドルまで約6.5%上げる
  3. 24,400ドルまで約7%下げる
  4. 25,800ドルまで約5.4%上げる
  5. 24,400ドル付近まで約5.6%下げるも留まる
  6. 21,210ドルまで約13%一気に下落

と遷移しています。

 

これに具体的な金額を当てはめてみると、

  1. 1,000万円が900万円になる
  2. 960万円まで戻す
  3. 890万円まで再度下落
  4. 940万円まで戻す
  5. 880万円で踏みとどまる動き
  6. 780万円まで一気に下落

 

現在から過去を振り返っている段階では、⑥は買い場じゃなないかって簡単に言えますが、その渦中にいるとそんなことは到底思えません。

 

10年近く続いた景気拡大局面、2017年の幸せなゴルディロックス相場を経て、いよいよ景気後退局面だ!という悲観に投資家心理が一気に傾いていくのです。

 

相場下落局面でのネット上の反応

 

投資において、ネット上の声とは一定の距離を保って影響されすぎないようにすることが大切です。

 

ネコB
ネコB
投資における自分ルールや方針に従うことが大事

 

とはいえ、他の人はどうしてるのかを気にして見てしまうのが人間心理ですよね。

 

≪出所:trading view≫

 

①~⑥をネットの反応を当てはめてみると、

  1. 投資ではこんなのよくあるよ♬
  2. ほらね。買い場だったっしょ♪
  3. ちなみに株以外に分散投資しておくことって大事よ。リスク管理ね。
  4. 下がったからって売りに走るのはダメ。我慢ね。
  5. …そもそも自分のリスク許容度に基づいて投資してる?景気後退局面が近いって言われてるんだぜ?
  6. やばいぞ!どこまで下がるんだ!だから投資って…リスクが……あー損切り!

 

クリスマスショックの時の相場の悲壮感はなかなかでした。

 

一体どこまで下げるんだ?という不安感を裏付けるように、企業決算の数値悪化が顕著となったためです。

 

ネコB
ネコB
アマゾンはじめハイテク企業の成長率失速が指摘されてたよね

 

特にハイテク株を中心としたグロース銘柄に投資していた人のなかには相場下落の末期に投げうった人も多かったはず。

 

往々にして2回目の大きな下げ、③あたりから相場の雰囲気も変わり始めます。

 

ぼく自身もかなり動揺しましたね。。

 

けだま
けだま
利益確定売りでキャッシュポジションをもっと増やして防衛しようか。。

といった具合に。

 

でもね、恐るべきことは、この時の下落なんて過去の暴落と比べると到底『暴落』とはいえない、ただの『調整局面』だったってことなんです。

 

ネコA
ネコA
。。。

相場下落局面で得た学び

 

結局過去を振り返ると⑥は買い場だったわけですが、過去のことは誰でもいかようにもいえるわけです。

 

しかし、ぼくが取った2つの行動の結果は一つの学びがありそうです。

 

  1. ハイテク株の一部を利益確定売りで手放した
  2. 定期的な積立投資は継続して行った

 

言うまでもなく、①で手放した銘柄は2019年に入り一気に急回復、つまり得られたはずの利益を逃しています。

 

一部割安となっていた高配当株やハイテク銘柄を買い増ししましたが、なかなかストレスのかかる決断でした。

 

②で定期的に積み増した銘柄は、2019年に入り含み益が大きく膨らんでいます。

 

つまり、下落局面では株を買い増せばいいっていうのは、人間心理の自然に立ち向かうことになる超難しい投資行動だってことです。

 

それに立ち向かうには、『習慣の力』

 

自分ルールに基づく定期的な積立分散投資の徹底だけが有効です。

 

さいごに~景気後退局面に向けて~

 

冒頭の問い、『景気後退による相場下落を恐れるなかれ。下落局面では株は買い増せばいい』っていう声があるけど、それは実行可能か?

 

ぼくの答えは、それは難しい。ということ。

 

ではどうすべきかっていうと、

自分ルールに基づく定期的な積立分散投資の徹底

 

これですね。

 

自分ルールの順守も難しいところですが、それを強制的に行える制度として

 

つみたてNISAの活用や、

【つみたてNISAとは】初心者でもわかるように解説。始め方と楽天証券での人気おすすめ商品 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 これから投資をはじめる初心者の方には、『つみたてNI...

 

iDeCoといった税制優遇制度の活用は、

【ideco(イデコ)】65歳まで加入可能へ。厚労省が見直し。加入メリットを整理。 2019年4月15日の日本経済新聞で、厚生労働省が確定拠出年金の制度を大幅に見直す見込みだとの記事が掲載されまし...

 

積極的に取り入れていきたいですね。

 

ちなみに過去の景気後退局面は、8か月~16か月間でした。

景気後退っていつからで、期間ってどれくらいになるの? 2018年12月21日の米国株式市場、NYダウ30種平均は、前日比414.23ドル安の22,445.37...

 

つまり、自分の投資成績がマイナスの状態で我慢しなければならない期間が1年半程度続くかもしれないということです。

 

しかし大事なことは、市場に長くとどまり続けること。

 

≪出所:trading view≫

 

これまでもこのように、株式相場は長期的に右肩上がりが続いているためです。

 

相場下落局面は買い場だ!と慢心することなく、常に自分のリスク許容度に基づくポートフォリオを管理して、コツコツと積立投資を実行する習慣を身につけておけば、景気後退局面もなんとか乗り切れるはずです!

【投資のリスク管理】相場下落局面にこそ自分のポートフォリオを見直そう! 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 相場が下落したとき、 ...

 

けだま
けだま
今は”冬”でもまた景気の”春”が循環する。その時に資産上昇できるようコツコツ継続しよう!

 

それではまた~

ロボアドでポートフォリオ分散、積立投資を自動化するのもあり。

2019年9月|THEO(テオ)実績をブログで公開。累計利益率約13%|ロボアドで簡単お任せ資産運用≪2019.9.21更新≫目次2運用実績最新化 こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 ...

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

ネコA
ネコA
『けだま 投資』で検索♬

更新情報はtwitterで!

 

応援のクリックをお願いします♬

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA