投資日記

ロボアドの設定はおまかせにしないと意味がない。

≪2019.5.20作成≫
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

ロボアドの設定はおまかせにしないと意味がないです。

 

設定を変えて運用している人もいるようですが、その場合、支払っているコストで受けられる分のサービスを放棄していることとなり、損です。

 

『今日の1分脳内』では、投資初心者の方向けに、長期スパンで資産を最大化するためにあるべき投資マインドについてまとめていきます。

 

題材には、ロボアド「THEO(テオ)」のサービスを利用しています。

 

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

 

更新情報はtwitterで!

 

 

ロボアドの設定ってなに?

テオで設定中の運用ポートフォリオ

 

ロボアドの設定とは、運用ポートフォリオのこと。

 

上の円グラフがまさにポートフォリオです。

 

「グロース(株式)」「インカム(債券)」「インフレヘッジ(金など現物資産)」の比率を組み合わせることで、今後の資産運用方針を決定します。

 

ネコC
ネコC
『あなたの資産運用方針;値上がり益重視』って書いてあるね

 

うん。それはつまり、価格変動の大きい「グロース(株式)」の割合が大きいポートフォリオにするってこと。

 

ロボアドの設定をおまかせにするってどういうこと?

≪出所:THEO(テオ)≫

 

上述した資産運用方針は、THEO(テオ)が自動で設定してくれます。

 

また、自分のプロフィール(就業状況、資産保有状況)を更新すると、それに基づいてTHEO(テオ)が資産運用方針を自動的に再設定。

 

さらに、1年に1回、市場の変化や運用者の年齢に応じても再設定してくれます。

 

一般的に、年齢が上がるにつれてリスク許容度は低下。

 

よって、「グロース(株式)」の割合は年齢とともに低下し、「インカム(債券)」の割合は年齢とともに上昇するように設計されているようです。

 

ネコB
ネコB
この「THEO(テオ)におまかせ」機能は、OFFにすることができるんだよね

 

そう。そうすると、資産運用方針を自分で決めることができるようになるわけです

 

ロボアドの設定はおまかせにしないと意味がないってどういうこと?

 

ロボアドを通じて受けられるサービスの価値は、おまかせにすることで受けられるサービスに包含されています。

 

おまかせにすることで受けられるサービスとは、

 

  1. 統計上の最適解であるポートフォリオの設定
  2. それによる景気後退局面での資産保全耐性
  3. 外部環境(市場変化)、内部環境(自己環境)に基づく合理的なリバランス
  4. それによる合理的且つ継続的な運用管理

 

せっかく、ロボアドを利用するコスト=預け資産×MAX1%分を支払っているにも関わらず、受け取るべきメリットを放棄するのはもったいないです。

 

なぜ、ロボアドの設定を「おまかせ」にしない人がいるのか。

 

なぜ、ロボアドの設定を「おまかせ」にしないのか。

 

それは往々にして欲張りな投資家はマッハでお金持ちになりたがるからです。

 

その場合、「THEO(テオ)おまかせ」設定をOFFにして、100%「グロース(株式)」に振り分けることとなります。

 

景気状態が良い場合、「グロース(株式)」は大きく上昇し資産評価額の上昇に貢献するためです。

 

ネコC
ネコC
一応ぼくもマッハでお金持ちにはなりたいんだけど。。

 

うん。わかるよ。

 

でもね、景気状態が悪化すると、「グロース(株式)」は大きく下落し資産評価額が大きく目減りしてしまう。

 

けだま
けだま
マッハでお金持ちに近付いても、即刻振出しに戻るリスクも多分に抱えることになるんだ

 

持つべき投資マインドは・・・

お金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。

  1. 絶対にお金を損しないこと
  2. 絶対にルール①を忘れないこと

by ウォーレン・バフェット

 

これは投資の神さまウォーレン・バフェット氏の言葉です。

 

景気状態が良いときは、往々にして強気にリスクを取りがち。

 

なぜなら、「THEO(テオ)におまかせ」で提案される分散投資は好景気化では退屈に感じてしまうためです。

 

ネコB
ネコB
メリーゴーランドじゃなくてジェットコースターに乗りたくなるわけ

 

でもそれが、フツウの投資です。

 

そして、ウォーレン・バフェット氏の言葉の通り、絶対に損をせず長期で運用を継続していれば、フツウの投資でちゃんとお金持ちになれるのです。

 

フツウの投資で得られる効果

 

資金100万円と毎月1万円の積立投資を年利4.2%で10年間運用したとします。

 

10年後には、3倍になります。

経過年数累積積立金額総資産
1年1,120,000円1,164,765円
2年1,240,000円1,336,551円
3年1,360,000円1,515,656円
4年1,480,000円1,702,394円
5年1,600,000円1,897,088円
6年1,720,000円2,100,078円
7年1,840,000円2,311,717円
8年1,960,000円2,532,375円
9年2,080,000円2,762,435円
10年2,200,000円3,002,297円

 

ネコB
ネコB
年利4%とは十分達成可能な数値!

 

THEO(テオ)で用いられている過去実績に基づくシミュレーションの年利は5.04%です。

リーマンショックの直前に運用をはじめたと仮定した場合でもです。

 

≪出所:THEO(テオ)≫

 

とはいえ、100万円が300万円になってもお金持ちになったとは言えませんよね。

 

しかし、考えるべきは、100万円を1,000万円にするためのレバレッジではなく、種銭100万円をいかに増やすかということ。

 

100万円を短期で200万円にするための投資手法は、100万円を短期で50万円にしてしまうリスクを包含しているためです。

 

ネコA
ネコA
そのリスクをコントロールしてくれるのが、「THEO(テオ)におまかせ」で設定される運用ポートフォリオ

 

<参考>種銭の大きさとリターンの差

 

年利5.7%で20年運用した場合

  • 100万円約300万円
  • 500万円約1,510万円

ネコC
ネコC
結果は同じ3倍とはいえ、100万円の場合200万円増、500万円の場合1,000万円増、と5倍の差になる。。

 

まとめ

 

ですので、短期的な資産毀損リスクは負わず、長期スパン・年利4~7%以内程度の年利を想定し、堅実に資産運用していくこと。

 

そしてそれは、「ロボアドの設定をおまかせにする」ということです。

 

ネコB
ネコB
ロボアド以外のサービスを使う時も、リスク管理を最も優先して考えるべき!

 

そのうえで、いかに種銭を増やしていくか、ということに取り組んでいくと、資産を増やしていくために合理的な判断ができるようになるはずです。

 

▼関連記事①

【2019年12月】THEO(テオ)実績をブログで公開|ロボアド利用3年目の実績レビュー こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 米国株を中心に約1,400万円を資産運用中です...
けだま
けだま
ロボアドではTHEO推しです!運用実績はこちら

 

▼関連記事②

https://kedamafire.com/archives/12380394.html

けだま
けだま
いかに種銭を増やすかって観点で考えて、トラリピを取り入れています。ただし、必ず資産の20%以下としてます

 

それではまた~

ほぼ日刊、

投資関連コラムと運用実績のブログ。

更新情報はtwitterで!

 

応援のクリックをお願いします♬

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA