投資日記

ココス株に学ぶ『インカムゲイン投資の落とし穴』

≪2019.4.23作成≫
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

先週の株式市場で、大手ファミレスチェーンのココスジャパン株が急落しました。

ストップ安まで下落。翌日も売りが止まらず、株価はおよそ30%近くも下落しました。

≪出所:google≫
ネコC
ネコC
おそろしや

これほどまでに株が売られた理由は以下2点。

  • 2019年3月期の業績予想が大幅に引き下げられたこと
  • 株主優待を当面休止すると発表したこと(実質利回りの低下)

この2つを詳しくみていきましょう。

 

業績予想の大幅な引き下げ

≪出所:マネックス証券

経常利益は対前年比で▲41%。

従来予想からも▲27%の大幅下方修正。

それらの要因は、既存店売上高が前年比97%で計画比に対してもマイナスで着地したことに加え、アルバイト時給単価の上昇による利益圧迫などが挙げられます。

人件費の上昇は今後も加速するでしょう。

コスト削減にも限界がきて、商品価格への転嫁も避けられないかもしれません。

その時の消費者行動が売上高にどう影響するか未知数ですね。

消費税増税における軽減税率の影響も気になります。

ネコA
ネコA
酒以外の飲食は持ち帰りは税率8%、店内で飲食なら10%っていうやつね

従来予想からの大幅な下方修正は投資家の失望売りを招く大きな要因ではありますが、株主優待が人気であったココス株は、2点目によるインパクトが非常に大きく影響しました。

無料。マネックス証券の日本株分析ツール『銘柄スカウター』を使い倒す 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 マネックス証券の銘柄スカウターが日本株投資に役立...

 

株主優待の休止を発表(実質利回りの低下)

 

日本株で独特の株主優待制度。

ココス・ジャパンも株主優待が人気の銘柄でした。

ココス・ジャパンの株主優待

100株以上200株未満の株主の場合、ゼンショーグループのお食事券1,000円分と飲食代5%引きカード配布。

業績の悪化に加え、この株主優待の休止による実質的な利回り低下に投資家は失望。

一気に売り込まれ、株価は30%近く下落しました。

業績の下方修正だけで株主還元策が維持されればこれほどまで急落することはなかったのではないでしょうか。

インカムゲイン狙いの投資銘柄選び

 

株主優待や配当金といったインカムゲインを狙った投資において、ココスのような株主優待の休止や配当金の減配は最悪のシナリオです。

高配当が期待できる銘柄は売上高の成長率が低く株価が安定していることが多い。

Buy&Holdで長く保有する投資家が多い一方で、目的である高配当が減配で崩れたら保有理由がなくなり投げ売られるリスクも少なからずあるわけです。

ではどういった点に注意して銘柄選びをすべきでしょうか

  1. 地味でも安定したキャッシュ・フローが期待できる銘柄を選定する。
ネコA
ネコA
米国株だとコカ・コーラのような圧倒的なブランド力がある銘柄

 

  1. 高成長株は除外する
ネコC
ネコC
高成長株は無配のケースが多いけど、仮に配当や優待があっても高成長株の株価は市場の期待を織り込んで高PERのケースが多いからキケン

 

  1. 連続増配企業を選定しよう
ネコA
ネコA
リーマンショックや東日本大震災の前後でも増配を続けるような企業を選択すべき。日本株だと花王が有名。米国株だと25年以上増配企業がめちゃんこあるぞ

 

配当利回りや株主優待自体が魅力にみえても、それを維持できるだけの安定性(ブランド力、稼ぐ力)や株主還元の方針(連続増配)があるかを見極めないとインカムゲイン狙いの投資は失敗します。

往々にして株価が横ばいの銘柄が多い安定した高配当株は、保有理由(高配当等)を失うと一気に株価急落を招き、元の水準までの復活に時間がかかります。

ですので、上述して点を事前にチェックすることと、毎期の決算にて配当を継続するキャッシュ・フローが維持できているかをチェックすることはとっても重要です。

けだま
けだま
高配当株投資なら米国株の方が断然よい
2019年9月|米国高配当株|配当再投資戦略の実践をブログで公開 ≪2019.9.16更新≫ こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 現在約1,300...

それではまた~

twitterけだま@kedamafire

【THEO(テオ)】新機能と料金プランでさらに選ばれるロボアドへ 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 今日は【THEO(テオ)】のニュース。 ...
株式投資はギャンブルじゃない。ロナルド・リード氏に学ぶ一つの生き方と投資法 米バーモント州のロナルド・リード氏といえば、2014年に一躍有名になった投資家です。 当時の報道を...

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

マネックス証券 株主優待
ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA