投資日記

無料で使える株式投資分析ツールに新機能追加

≪2019.4.17作成≫

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

個別株投資が趣味の人にとって、銘柄検索し投資対象を検討することは楽しみの一つです。

それはまさに、お見合い相手のプロフィールをドキドキしながら眺めるような感じでしょう。

けだま
けだま
お見合いしたことないですが。。

 

「ご出身は」「お幾つで」「何が好き」「好きな映画は」「〇〇歴5年で」etc・・・

ネコA
ネコA
質問の発想が貧困ダナ

まあ、それはいいとして。

人と人の場合は、過去や肩書は名刺代わりで参考程度。フィーリングが大事なように感じますが、個別株の銘柄選定では過去を調べることが超大事。

今日は日本株を検討する際に使っているマネックス証券の『銘柄スカウター』に新機能が追加されていたため走り書き。

『銘柄スカウター』とは口座保有者だけに無料開放されている銘柄分析ツールです。

ネコA
ネコA
株式売買は楽天証券で行っているのに、これを使いたいがゆえに口座だけ開設しているちゃっかり者はおまえか

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券『銘柄スカウター』とは

 

マネックス証券の『銘柄スカウター』とは、企業のファンダメンタルズ分析に活用できる様々な機能を備えた銘柄分析ツールです。

マネックス証券に口座を保有していれば、誰でも、実際に投資を行っていなくても無料で利用できます。

銘柄スカウターの概要や主な機能の具体的な紹介はこちらの記事でどうぞ。

無料。マネックス証券の日本株分析ツール『銘柄スカウター』を使い倒す 1,200万円超を資産運用中!のけだまです。 マネックス証券の銘柄スカウターが日本株投資に役立...

『銘柄スカウター』に新機能追加

 

そんな『銘柄スカウター』に新機能が追加されました。

その名も『10年スクリーニング』

スクリーニングとは、株式投資の投資先を選定するために、色々な条件で絞り込み、ふるいにかけることをいいます。

なかなか使える機能なので今日はこの機能を簡単に紹介しますが、先に『銘柄スカウター』で把握できることを紹介。

  • 企業の基礎情報
  • 過去10期以上の企業業績
  • アナリスト予想や目標株価コンセンサス
  • PER,PBR,配当利回りの過去推移
  • 企業のビジネスセグメント別の業績とその推移
  • 業績予想の修正履歴 などなど
ネコC
ネコC
無料なのに、充実してるね
ネコB
ネコB
マネックスさんとしては、充実した銘柄検索ツールを口座開設者に無料開放することで、株式購入の後押しをしたいわけ。双方幸せなwin-winな関係ね♬

「10年スクリーニング」とはどんな機能?

 

10年スクリーニングの登場によって変わることはこちら。

これまでのスクリーニング

直近の通期業績&今期の会社予想

 

これからのスクリーニング

加えて、10年間の業績も加味

つまり、精査できる期間の幅が広がる機能。

1回のみのテスト結果ではなく、過去のテスト結果も加味したほうが、正しい評価ができるケースって普段の生活でもありますよね。

特に企業業績の場合は、直近の業績だけではその企業の本来の実力はわかりません。

「10年スクリーニング」のメリットは何か

10年単位で過去を遡りその企業の本来の実力を把握することで、未来の予測精度向上に役立ちます。

ネコA
ネコA
一発屋状態になってしまっている企業を選定から除外できる

例えば、稼いだ利益を積極的に株主に還元する『高配当株』。

往々にして急成長するグロース株ではなく、安定的なキャッシュ・フローがあり好財務体質の安定株が多いです。

キャッシュ・フローや財務については直近の業績だけを確認して評価することは危険

安定株は株価の値上がりがさほど期待できない以上、長期間保有することが前提ですが、安定した業績が挙げられている市場優位性やブランド力があることが必定。

それを選り分けるためには、10年スクリーニングのような長期での業績評価が必須です。

また、それはグロース株への投資を判断する際も同じこと。

グロース株は市場の期待を株価に織り込み、高PERな株価を形成することが多いです。

そのため、毎期の決算で市場予想を上回る業績を上げることが宿命。

例えば、今期売上高成長率20%を達成した会社があったとします。

ネコC
ネコC
おっ、まだ成長余地があるな♬
けだま
けだま
これだと失敗するかもです

なぜなら、その会社の過去の売上高成長率が60%であった場合、20%成長であったとしても市場は成長に翳りがみえてきたと判断し、高成長を盛り込んだ株価から資金を引き揚げます。

ネコA
ネコA
まさに2018年後半のアマゾン・ドット・コム株だね。。

そう。その成長率数値が高いか低いかという評価は、数値単体では決定されません。

市場予想との比較で決定されるのです。

そしてその予想は過去の成長率との比較から醸成される期待値です。

≪出所:Trading view≫アマゾン株の5年チャート

 

株価は、『その会社の状態(≒EPS)』×『投資家の期待(≒PER)』とあらわすことができます。

ですので、過去履歴は10年単位で眺める方が直近の業績だけ確認するよりも断然有意なわけです。

さいごに

 

この銘柄スカウター。

日本株だけで米国株には使えないことがとっても残念なのですが、日本株投資や株式投資自体の勉強をしてみるには良い教材となりえます。

マネックス証券で口座を開くと、こういった各種ツールやメルマガといった情報取得の他に、動画のオンラインセミナーも無料で視聴できるため、とってもおトク。

ネコC
ネコC
コスパが良いどころじゃないよね。無料だから”コスパ”の”コス”がない。”パ”です。”パ”。
けだま
けだま
特に広瀬隆雄氏のオンラインセミナーが米国株投資家にとって、とても勉強になります

ちなみに、自分の会社を銘柄スカウターで分析すると結構気付きがありますよ。。

転職検討しようかな。。笑

それではまた~

マネックス証券

マネックス証券

twitterけだま@kedamafire

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ロボアドで長期の資産形成をはじめよう。

THEO(テオ)は投資がはじめての方や20代~40代の働く男女に選ばれています。

無理なく気軽にスタートできるのは、1万円からはじめられるから。

手数料は預けた資産の1%と明確で、やめたくなれば申請から3日程度で出金可能。

あなたもTHEO(テオ)で長期的な資産形成をはじめてみませんか?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA